グリーンウッドワーク研究所

グリーンウッドワークをはじめましょう


「グリーンウッドワーク」、お聞きになったことはありますか?
切ったばかりのみずみずしい生木を、削り馬や足踏みロクロなどの人力の道具で削って、小物や家具をつくる木工のことです。
「生の木って使えるの?」と驚く方もたくさんいるのですが、機械がなかった時代、人は柔らかくて削りやすい生木を使ってお椀や椅子を作ってきたのです。
そして今、みずみずしさが気持ちいいから、エコだから、森と人がつながれるから、いろんな理由でグリーンウッドワークが広がっています。

何ができるの?


生木からから作れる小物や家具をご紹介していきます。(随時更新予定

何が必要?


グリーンウッドワークを楽しむのに必要な材料や道具をご紹介していきます。(随時更新予定

冊子・図面の販売


グリーンウッドワークの入門冊子から、道具や作品を作るための図面などを販売しています。

日本ではまだまだ少ない参考書や図面をご用意しています。

 


グリーンウッドワーク研究所について

私たちは2006年からグリーンウッドワークを学校の教育に採り入れたり、一般向けの講座を行なってきました。そんななか「テキストや道具の図面がほしい」という声をたくさんの方からいただくようになりました。

少しづつですが、こうした声に応え、成果を公開しています。

現在、初心者向け入門冊子「はじめてのグリーンウッドワーク」削り馬やゴッホの椅子の図面などが公開されています。

今後も引き続き新しい講座やグリーンウッドワークに役立つアイテムを増やしていきたいと開発中です。ご期待ください。

加藤慎輔